9 O'clock

DMC World Team Championの「 9 O’clock 」

デビューEP “ Wake Up ”が、4月29日にリリースされます。
それに伴い、DJ用カートリッジメーカーOrtofonの協力の元、2015年ウイニングセットの動画がアップされました。

テクニックはもちろん、音楽性の高いルーティンをスタイリッシュなロケーションとカメラワークで楽しめる作りになっております。
ぜひご覧下さいませ。

What About DJ Lesson - vol.11 -

IMG_5735
DJ未経験・Risaさんのレッスン内容と成長過程をレポートしていく企画【 What About DJ Lesson 】

ーーーーーーーーーー
♪レッスン第10回目
ーーーーーーーーーー
前回からの続きで、自ら選曲しながらプレイする為のSet作り。
前回まで3曲の流れを作りましたが、まずはその流れをおさらいしつつ、新たに曲を追加していきます。

BPM(曲のテンポ)はもちろん、曲調も加味しながら相性の良い音源をピックアップしていきます。
比較的相性の良い曲が選べたら、その構成を講師と一緒に聴きながら把握します。
MIXポイントから次の曲の挿入ポイントにキューを打ち込み、目視および頭出しができるようにしておきます。
IMG_5736
今回は前回までのオーソドックスなフェードイン・アウトMIXに加え、スクラッチからのカットインにも挑戦してみました。
もちろんSetは組むだけではなく、ポイントごとに反復練習を繰り返す必要があります。
MIX手法は曲によりけりですが、ボリュームやEQコントロール、
さらにポイントに音を置きにいくフォワードスクラッチ的レコードコントロールも体で覚えていく必要があります。
頭で考えたことを自分の手で表現して、尚且つ自分の選んだ楽曲をプレイすることによって、
RisaさんもよりDJの楽しさを実感できたのではないでしょうか。
IMG_5737
今回のレッスンで、5曲の流れのSetが完成しました。
ただ、まだ講師のサポートありきでの構成なので、次回からは自主的に組み立てていくことを目標としています。
日々音楽を楽しむ中で、常にプレイや選曲の意識を持って聴くことも、DJにとって大事な作業ですね。


2月後半の体験レッスンも随時ご予約受付中です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
(※土曜・日曜はご受講可能枠が残りわずかとなっておりますのでお早めに!)

体験レッスンの日程は
▶︎▶︎▶︎コチラ

【TAIJI】イベント出演情報!

12592211_811712092291215_6616257954534837534_n
12670207_811712165624541_4047732163063872121_n
KOBE RevolveR DJ SCHOOLの講師、TAIJIさんのイベント出演情報!

来週土曜日、2月13日です!
皆さんお誘い合わせの上、ぜひご参加下さいませ。

イベントの詳細はコチラ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
- MAKE SOME NOIZE -

2016.02.13(sat)@ Bar Soul Blood

Open 22:00
Door 2,000yen / with 1 Drink
Ladies 500yen OFF [ Til’ 24:00 ]

- Guest DJ -
Redbull Univ. Thre3style 2015 JAPAN CHAMPION
DJ OKI ( Autobahn Record )

- Resident DJs -
TAIJI ( T-SKRABBLE DJ’s / RevolveR )
ACKO ( Autobahn Record )
No-key ( Diffusion )
Sahar
CROSS ( getloud )
REN ( Bar Noize )

- Food -
Bom Bom ( きぬや )

- Photo -
TAKESHI.

- Info -
Bar Noize
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TAIJIさんのレッスンは、火曜日・金曜日・土曜日に開催しております。
体験レッスンのご予約も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

体験レッスンの日程は
▶︎▶︎▶︎コチラ

スーパープレゼンテーション「TED」

世界を変える驚きの発想を最高のプレゼンで学ぶ、新しいスタイルの語学教養番組、スーパープレゼンテーション。
世界が注目するアメリカのプレゼンイベント「 TEDカンファレンス 」から、DJ視点で気になる2名をご紹介。

まずはDJ兼プロデューサーの“ Cole Plante ”。
若干17歳にして様々な著名アーティストと共演するなど多岐にわたる活動をする彼が、
マッシュアップの原理やデジタルDJのミキシングについて詳しくプレゼンしています。


次にポップサウンドとストリートサウンドとをバランスよく昇華したサウンドプロダクションが特徴的な、
“ Mark Ronson ”によるサンプリングミュージックに対しての熱いプレゼンテーション。
著作権や盗作問題等、様々なハードルのある表現方法ですが、そんなサンプリングとアーティストとして向き合うマインドや姿勢等、
とても興味深いです。

そんなサンプリングで作られたMark Ronsonによる「Uptown Funk」


( ※YouTubeでの字幕設定をすることで、日本語訳でお楽しみ頂けます。)